多摩地域の不動産相続・家族信託のご相談は相続サロン東京多摩相談センター 

不動産相続の相談窓口

続サロン東京多摩相談センター
財産ドック東京多摩センター

多摩市・八王子市・日野市・稲城市・町田市・府中市・調布市
 

東京都多摩市落合1-7-12ライティングビル2階

受付時間:10:00~18:00(定休日:水曜日)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0120-49-7770

信託の基礎知識

信託の基礎知識(民事信託と商事信託)

平成27年1月1日以降に発生する相続から、相続税の基礎控除額が大幅に引下げとなり、テレビやマスコミ、あるいはセミナー等で「相続税対策」を題材にしたものが花ざかりとなっています。

それらで取り扱われる内容といえば、もっぱら「遺言書を書きましょう」「相続税を安くするために対策をしましょう」といった、資産を遺す人の相続が起きた後(ようは亡くなった後)のことばかりにフォーカスされているものが殆どのように思います。

確かに、それらはとても大切なことです。

しかしながら、相続が起きた後の対策さえできていればそれで安心と理解されているようであれば、それは大きな勘違いだと言わざるを得ません。

いまや日本は超高齢化社会へと突入し、われわれ日本人の寿命はかつてないほど飛躍的に延びてきています。それは同時に、社会生活を元気におくれる期間と、最終的に相続が発生するその時までの間には、相当数の人にとって「判断能力や意思能力が低下、あるいは失われる期間」が生じるという現実に目を背けるわけにはいきません。

相続対策や資産承継対策を考える際には、この避けがたい現実を踏まえることも大切です。

そのような中、「被相続人の願いや想いが叶う」新たな財産の管理手法として注目を集めているのが「信託」と呼ばれるものですが、平成18年の信託法の改正により、相続対策として新しい「信託」の活用ができるようになったことから、ここ最近、動きが活発化してきているのです。

信託と聞くと、おそらく「信託銀行」「投資信託」「年金信託」などといった言葉が一般的に連想されるのではないかと思いますが、大きくは「民事信託」と「商事信託」の2つに分けられます。

信託銀行等が行っている不特定多数の方を相手として、反復継続して行う営利目的の信託は「商事信託」と呼ばれ、信託を営利目的で行うためには、信託業法に基づく免許・登録を受けた信託銀行および信託会社のみしかできません。

一方で、「民事信託」とは、財産を預かる者が営利を目的として引き受けるものではないものをいい、その中でもとりわけ財産を預かる者が財産を預ける者の親族である場合を、「家族信託」といいます。

より具体的に言いますと、信頼できる家族や親族などが財産の預かり手(財産管理を行う者)となり、「高齢者や障害者のための安心円滑な財産管理」や「柔軟かつ円滑な資産承継対策」を実現しようとする民事信託の形態を、

『家族信託』と呼んでいます。

(注)「家族信託」とは法律用語ではなく呼称であり、一般社団法人 家族信託普及協会の登録商標となっています。

 

まさに、家族信託とは「家族の家族による家族のための、家族の想いを繋げる新しい財産の管理手法」だと言えるわけですが、もちろん家族信託が全てにおいて万能なわけではなく、場合によっては家族信託(民事信託)よりも商事信託を選択したほうがベターであるケースも考えられます。

特に、賃貸マンションやアパート、貸ビルなどの収益不動産については、プロである信託会社に、その運用管理を任せたほうが安心かつ収益性も高まるといったことも十分にあり得ます。

相続サロンたま相談センター(不動産相談室たま)においては、賃貸不動産の経営管理を得意とする「LIXILグループ不動産ショップ(ERA)」が運営母体である特性を活かし、「民事信託」「商事信託」両方の可能性から、ご依頼者様にとってベストな提案を行うよう心がけています。

 

テーマ別記事のご紹介

家族信託の活用事例

不動産信託について

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-49-7770

受付時間:10:00~18:00(定休日:水曜日)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-49-7770

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

田岡 浩一郎

笑顔・元気・親切丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

0120-49-7770

住所

〒206-0033
東京都多摩市落合1-7-12ライティングビル2階

京王多摩センター駅 徒歩2分
小田急多摩センター駅 徒歩2分
多摩都市モノレール多摩センター駅 徒歩3分

営業時間

10:00~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

水曜日